日本を出港し米国又はカナダに入港する船舶のうち、AGM

の卵塊が付着している恐れが強い船舶、具体的には、以下の

①及び②に該当する船舶については、入港前に、米国又はカ

ナダの当局による沖合検査を受検することが求められることと

なりました。

 

 
 
  ① 米国及びカナダの港のハイリスク期間(AGMの卵が孵化可能な時期)に入港する船舶 

  ② 米国及びカナダへの寄港の前(前年又は当該年)にAGM発生地域(日本、韓

     国、中国及び極東ロシア)の港に、AGM飛翔期間(AGM雌の産卵可能時期:各

     港毎に設定)中に入港した船舶

 

  ※ただし、2010・21011年は準備期間として不在証明書の提出は求められるが、

  不在証明書がなくても入港を認める。