平成14年10月 平成14年度(2002年度)『情報化月間推進会議議長表彰』を受賞  
 平成17年10月 特許登録:特許第3735269号  
  発明名称:自動車の船積情報の入力用の可搬型コンピュータ装置  

 

  近年の自動車専用船は大型化し、大量の輸出車両が、短時間

に船積されるようになり、本船通関への対応など検数業務の在り

方も変化し、よりスピーディで正確な検数情報を提供することが求

められると考え、当協会は、この大型かつ複雑化した自動車専用

船への検数業務のシステム化に取り組み、平成14年3月、

自動車船検数システム(JCATS)の開発に成功しました。

   
サイド検数員

 

  従来、検数業務に使用していた手書きのタリーシートの代わり

に自動車船の船型が、登録されているモバイルPCを活用します。

モバイルPCには、自動車メーカーからの輸出車両の情報と船会

社からのS/O(船積指示書)情報を主席PCで、マッチングさせた

データがダウンロードされています。

   
 
  モバイルPC  

 

  検数員は、艙内にモバイルPCを持ち込み、船積された車両の

ケースナンバーを確認します。

  モバイルPCに積付場所とケースナンバーを入力すると車両の

モデル及び仕向地が表示され、この内容と車両本体を照合し、モ

バイルPCに登録します。

  このようにモバイル内に蓄積された検数データは、PCカードを

媒介として主席PCに取り込まれ、消しこみ作業で異常のないこと

を確認した後、検数書類が自動作成されます。

   
主席
 
 
 

 

  自動車船検数システム(JCATS)のメリットは、荷主である自動

車メーカーに対して本船出港までのリードタイムの短縮が挙げら

れ、船会社には誤積防止、ストウェージプラン(本船積付図)など

の検数書類の自動作成による作業の迅速化並びにEDI(電子デ

ータ交換)による検数書類データの提供も可能です。

  また、実物の1/200のスケールで船型や車両を表現するた

め、スタンション、スロープ等の本船構造物と車両の積載場所が

正確に把握でき、荷役効率や輸送品質維持を高めることができ

ます。

 
タリー画面
(拡大)
 
 
 
  タリーシート
(拡大)
 

 
    ▲UP