はじめに、
 当会は、「検数、検量、検査」という「貨物の厳正なチェック」とこれに基づく「公正な証明」を行
い、物流情報事業の適正化と円滑化に努めています。
 また、設立以来「法令」や「社会的規範」の遵守に努めてまいりましたが、近年における効率性の
追及や競争激化の中でも、これらのことが疎かになることのないよう常に戒めております。
 私達は、役員はもとより従業員一人ひとりが明るい職場とお客様との健全な関係を築き、物流情報
事業を通じて社会の発展に貢献すべく、継続的に社会とお客様から高い信頼と評価を得られるよう、
全ての事業活動の原点にコンプライアンス(法令等遵守)を置き、その徹底に取り組んでいます。
 コンプライアンスを確立するため、「基本方針」、「行動規範」、「管理規程」を定め、責任組織体制
を整備し、これらについて役員への徹底はもちろん、従業員の教育研修等も積極的に実施して、全役
職員に浸透させ、協会経営の健全性を確保・継続してまいります。
 今後とも、お客様をはじめ、社会全般から信頼され続ける日検を目指してまいりますので、より一層
のご愛顧、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。
 
   
 
                               一般社団法人 日本貨物検数協会
 
 
 
  コンプライアンス基本方針
 
  行動規範