名   称 一般社団法人 日本貨物検数協会
  英 文 名 THE JAPAN CARGO TALLY CORPORATION
    (略称 J.C.T.C.)
  本   部 〒104-0045
    東京都中央区築地1丁目10番3号
    TEL.03(3543)3212 FAX.03(3542)0409
  設   立 昭和17年(1942年)11月1日
  従 業 員 数 1,197名(平成29年6月1日現在)

  昭和17年11月
社団法人日本船舶貨物検数協会として設立
  昭和23年04月
社団法人日本貨物検数協会と名称を変更
  昭和38年03月
港湾運送事業法改正により、検数事業の免許事業者になる
  昭和40年11月 港湾運送事業法に定める検量事業の免許事業者になる
  昭和58年04月
シンガポールに、現地法人「日貨検サービス株式会社」を開設
  平成12年03月
検査業務を定款の事業に追加
  平成12年04月
コンテナインスペクション業務を開始
  平成13年04月
農産物検査法に基づく登録検査機関として認定される
  平成14年03月 自動車船検数システム(JCATS)稼動(平成17年10月特許取得)
  平成18年04月
輸入食品全般に関わる製品検査機関「理化学分析研究所」を設立
  平成18年05月
港湾運送事業法の改正により、検数、検量事業の許可事業者になる
平成19年06月 アジア型マイマイガ(AGM)不在証明業務を開始
平成19年12月 食品衛生法に基づく登録検査機関として認定される
平成22年02月 一般社団法人日本貨物検数協会となる